MENU

転職回数と結婚は似ている!?

20代と30代では過去の転職回数を評価されます。

 

そんな中、1〜2年で転職を繰り返す人が転職希望者の中にはいます。キャリアアップやスキルアップのために転職をすることは悪いことではありませんが、自分の条件に合ってないなどの理由で転職をずっとしていると、その人の信頼が落ちてしまい転職先がなかなか見つからない可能性も出てきます。

 

3年未満で転職を繰り返していると、履歴書、職務経歴書などの書類段階で採用を見送られるケースが増えてきてしまうものです。

 

結婚を例に考えてみれば分かりやすいかもしれません。今どき、バツイチは珍しくありませんが、バツ2、バツ3と増えていけば、そもそも、結婚すること自体に、その人が向いていないのではないかという懸念が出てきます。

 

転職も同じで、一生同じ職場で過ごす人は昔に比べて少なくなりましたが、それでも、3回以上の転職は余程スキルが高く、ヘッドハンティングされているなら別ですが、自己都合の退職で繰り返していると、年齢とともに採用されることはほとんどなくなるので注意が必要です。

転職フェアや企業の合同面接会を開催している転職サイトは実は少ない!?

また転職を繰り返す人に多いのが、自分と言う人間の自己分析ができていない人です。そういう人は何を求めて転職をするのか、自分の希望条件が何か、というコトが自分のことなのに全く分かっていません。

 

そのため色々な理由で転職をしているケースがほとんどです。給与が安い、休日が少ない、人間関係が悪い、職場が家から遠いと言ったように転職の理由がコロコロと変わっています。

 

 

そういう人は一度、転職サイトに登録をして転職のプロであるコンサルタントに依頼をしてみることをオススメします。というのも転職サイトのコンサルタントは多くの転職希望者と向き合ってきたので、自分が何を求めているのか、自分に合う条件はどんな条件か、と言うことを見抜ける人もいます。

 

そもそも転職もあまりにも回数が多すぎると、採用してもスグに辞めてしまうのでは、という不安を相手に与えてしまいます。そうなってしまうと自分に魅力がある人材にならないと、どこも採用をしてくれません。

 

 

本気で自分に合った転職先に転職したいと思う人であれば、転職成功率の高いDODA(デューダ)をオススメします。特にDODAは職種を限定していないので、幅広い業種の求人情報を取り扱っています。そのため、畑違いの職種への転職希望を伝えることもできます。

 

さらに、このDODA(デューダ)では、積極的に転職活動をしたい人のために転職フェアや企業の合同面接会などを開催して登録者に参加を勧めています。

 

 

単なる合同面接と思うかもしれませんが、企業側が求めている人材がいればその場でスカウトされることも珍しくありません。企業側からスカウトされることは、とても良いことです。その人物を評価して自分の会社に欲しいと言ってくれているわけです。

 

日本では、なかなかそのようなコトをしている企業は数少ないので、もしあなたがまだ、DODA(デューダ)には登録していないのなら、今のうちに無料登録をしておいた方が良いかもしれません。

やはり年齢とともに転職成功率は下がっていきます。年間200万円の給与の違いは、30年間働くと、6000万円の違いになります・・・。

地方なら豪華な戸建てが建ちます。都市でも23区内で3LDKのマンションが買えるかもしれません。

あなたは今の会社の待遇と給料に満足していますか?

あとで後悔するまえに無料で出来る会員登録だけでもしておくと良いかもしれません。

人材紹介サイトのおすすめ人気ランキングはコチラ

DODA(デューダ)でスカウトチャンス!?転職フェアや企業の合同面接会関連ページ

デューダの求人募集の特徴は?転職のメリットってあるの?