退職願いの書き方

MENU

一般的な退職願いの書き方

  1. 本文:最下部に「私事」から記入。表題より1行空ける。
  2. 退職理由:本当の理由は必要ありません。「一身上の都合により」と書く。
  3. 退職日:自分で勝手に決めず、上司と相談のうえ退職日を決定すること。
  4. 提出日:この場合、上司への提出日となります。
  5. 宛名:会社の社長の氏名を記載。敬称は「様」。礼儀として自分の名前よりも上に来るように。
  6. 署名:部署名と名前。押印は必須。尚、押印は三文判ではなく、きちんとした印鑑を使用すること。
  7. 封筒について:白地の封筒を使用。封筒表の中央に退職願と書き、裏面に所属部署名と氏名を記入する。

 

やはり年齢とともに転職成功率は下がっていきます。年間200万円の給与の違いは、30年間働くと、6000万円の違いになります・・・。

地方なら豪華な戸建てが建ちます。都市でも23区内で3LDKのマンションが買えるかもしれません。

あなたは今の会社の待遇と給料に満足していますか?

あとで後悔するまえに無料で出来る会員登録だけでもしておくと良いかもしれません。

人材紹介サイトのおすすめ人気ランキングはコチラ

正しい退職願の書き方は?関連ページ

退職願と退職届の違い
退職願と退職届の違い。あなたにあった転職活動は?面接のポイント、円満退職の仕方まで、転職する際に知っておきたい人材派遣の仕事探しや転職活動に役立つサイトの解説。
退職日の決定
退職日の決定。あなたにあった転職活動は?面接のポイント、円満退職の仕方まで、転職する際に知っておきたい人材派遣の仕事探しや転職活動に役立つサイトの解説。