MENU

退職願と退職届は厳密には違う

退職願と退職届は区別なく扱われるケースもありますが、厳密には違うものです。

 

退職願は従業員からの「申し出」の意味となり、希望です。

 

そのため会社側がこれを受諾することで退職となります。

 

つまり正式に受諾していない段階では撤回も可能となります。

 

それに対して退職届とは一方的な最終的な意思表示となります。

 

そのため退職届けが提出が受理された時点で退職となります。

 

つまり円満退職を希望するなら退職届ではなく、
退職願を提出する方が良いでしょう。

 

また、参考までに「辞表」は一般的に役員が使用するもので、
通常の会社員の場合は使用しません。

 

尚、会社側から退職届を出すように万が一、言われたとしても、
安易に提出することは止めておいた方が良いでしょう。

 

雇用保険の支給額が支給期間、支給開始時期など
様々な面で不利になることがほとんです。

 

やはり年齢とともに転職成功率は下がっていきます。年間200万円の給与の違いは、30年間働くと、6000万円の違いになります・・・。

地方なら豪華な戸建てが建ちます。都市でも23区内で3LDKのマンションが買えるかもしれません。

あなたは今の会社の待遇と給料に満足していますか?

あとで後悔するまえに無料で出来る会員登録だけでもしておくと良いかもしれません。

人材紹介サイトのおすすめ人気ランキングはコチラ

退職願と退職届の違いを知っていますか?関連ページ

退職願の書き方
退職願の書き方。あなたにあった転職活動は?面接のポイント、円満退職の仕方まで、転職する際に知っておきたい人材派遣の仕事探しや転職活動に役立つサイトの解説。
退職日の決定
退職日の決定。あなたにあった転職活動は?面接のポイント、円満退職の仕方まで、転職する際に知っておきたい人材派遣の仕事探しや転職活動に役立つサイトの解説。