MENU

円満退職は転職の第一歩。失敗しない退職方法記事一覧

退職願と退職届は区別なく扱われるケースもありますが、厳密には違うものです。退職願は従業員からの「申し出」の意味となり、希望です。そのため会社側がこれを受諾することで退職となります。つまり正式に受諾していない段階では撤回も可能となります。それに対して退職届とは一方的な最終的な意思表示となります。そのため退職届けが提出が受理された時点で退職となります。つまり円満退職を希望するなら退職届ではなく、退職願...

本文:最下部に「私事」から記入。表題より1行空ける。 退職理由:本当の理由は必要ありません。「一身上の都合により」と書く。 退職日:自分で勝手に決めず、上司と相談のうえ退職日を決定すること。 提出日:この場合、上司への提出日となります。 宛名:会社の社長の氏名を記載。敬称は「様」。礼儀として自分の名前よりも上に来るように。 署名:部署名と名前。押印は必須。尚、押印は三文判ではなく、きちんとした印鑑...

会社員の場合、法律では「2週間前までに退職の意思を告げる」と規定されていますが、ほとんどの会社では「1カ月前迄」とか、「3カ月前迄」など別途就業規則が設けられている場合が一般的です。そのため、早めにまず上司には口頭で退職の意思および相談を行い、仕事の流れなどを充分に考慮してから、上司とともに退職日を決定しましょう。そして、その上で退職願を提出するという流れになります。その後は必要な業務の引き継ぎと...